2019年05月15日

この本が面白い!東野圭吾『プラチナデータ』を読んだ評価5

東野圭吾『プラチナデータ』を読んだ人の
評価をお伝えします。


(30代・男性)
「遺伝子による犯人検索DBを作り上げた
天才数学女子が殺された。

プラチナデータを探すモーグルという
プログラムを隠したらしい。

プラチナデータとは検索にかからないデータ。

特権階級の人たちを登録する。

システムの思想は平等を狙ったものでも運
用によっては逆に不平等になるという事。

これを思いつき小説にした東野圭吾はやはりすごいな。」


東野圭吾『プラチナデータ』を読んだ人の口コミを
十分にチェックしてから注文してください。


















ラベル:東野圭吾
posted by やぶちゃん at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする