2019年05月17日

伊坂幸太郎『死神の精度』の本音のブックレビューをご紹介!3

伊坂幸太郎『死神の精度』を購入した方の
評価を掲載します。


(40代・男性)
「死を身近に題材としているのにどこかユーモラスだったり、
一部登場人物たちがリンクしていたり、
伊坂幸太郎ならではの要素がたくさん。

ただ1人を除いて、
死神に憑かれた人間が最後どのように死ぬのか、

はたまた生きるのか、
はっきりとは書かれずにいるのもその要素。

読者の想像が湧きたてられる。」


伊坂幸太郎『死神の精度』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。


















ラベル:伊坂幸太郎
posted by やぶちゃん at 13:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする