2019年05月25日

この本が面白い!東野圭吾『赤い指』を読んだ評価7

東野圭吾『赤い指』を読んだ人の評価をお伝えします。


(30代・男性)
「加賀恭一郎シリーズ第7作。

閑静な住宅街で起こった少女の殺人遺棄事件。

練馬署の加賀刑事は一軒の平凡な家族に注目する。

さて、この家族の中にいる真犯人は誰か…?

本線のストーリーが面白いのはもちろん、
伏線の加賀さんと実父とのやりとりがとても良かった。

二重の意味で、泣けるミステリー。

家族愛ってそれぞれの家庭でいろんな形があるんだな。」


東野圭吾『赤い指』を読んだ人の口コミを十分に
チェックしてから注文してください。




















ラベル:東野圭吾
posted by やぶちゃん at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。